少林寺拳法オフィシャルサイトへリンク

広島武専トップへ 広島武専のあゆみ 禅林学園サイトへリンク
太字=広島武専関連
年         表
月 日 出     来     事
1947年(S22) 10月25日 初代師家(開祖)宗道臣、香川県多度津町にて少林寺拳法創始。
1952年(S27) 9月 禅林学院開設。(日本少林寺武道専門学校の前身)
1956年(S31) 4月 日本少林寺武芸専門学校設立、香川県公認各種学校に認可。
1958年(S33) 4月 日本少林寺武芸専門学校を日本少林寺武道専門学校に校名変更。
1968年(S43) 1月 准学校法人禅林学園設立認可。
(日本少林寺武道専門学校の経営母体として、香川県知事の認可を得る。)
1976年(S51) 4月 専修学校制度施行にともない専修学校に移行、高等課程、専門課程を設立。
中国武専開校。(開催地広島)
1965年の関東武専(開催地東京)に始まり、’66関西(大阪)、’68東海(名古屋)、’70静岡、’74南九州(熊本)、’75北陸(金沢)、’76北海道(札幌)、’78東北(仙台)、北九州(福岡)と地方武専が相次いで開校される。
1980年(S55) 5月12日 初代師家宗道臣理事長(開祖)逝去。
宗由貴(第2世師家宗道臣)、学校法人禅林学園理事長に就任。
1981年(S56) 4月 専門課程を全日制へ移行し、地方武専はその別科となる。
中国地方別科(中国武専)開催地が山口県に移される。
以後、広島県合同練習を毎月開催。
1991年(H3) 4月 山陰地方別科開設に伴い、中国地方武専は山陽地方別科に名称変更となる。
1997年(H9) 4月 広島地区別科(広島武専)開設。
大本常麿(広島県連理事長・当時・故人)が広島武専代表責任者に、冨部辰治が代表教務に就任。
藤田雄山県連会長(当時)、山﨑博通教頭(現禅林学園理事長)、合田清一武専主幹(当時)を迎えて開校式を挙行。
予科17名、本科28名、高等科21名、研究科19名、計85名でのスタートとなる。
来   賓 奉納演武 入学者一同 地元講師陣
校長祝辞(代理・山﨑教頭) 合田主幹祝辞 少林寺拳法テーマソング斉唱 記念撮影
2002年(H14) 4月 本校に高等課程普通科を開講。
2003年(H15) 4月 日本少林寺武道専門学校を専門学校禅林学園に校名変更。
武専別科を少林寺拳法武道専門コース(略称武専コース)に名称変更。
2005年(H17) 4月 研究科修了者の親睦と生涯学習の場として、武専研究会新設。
平崎清(広島県連理事長・当時)が二代目広島武専代表責任者に就任。
2010年(H22) 4月 県東部地区での開催(年2回)を開始。 
2011年(H23) 4月 榊田光男(現広島県連理事長)が三代目広島武専代表責任者に就任。
少林寺拳法組織機構改革(SKP)の一環として、武専教育課程も大きく改変される。
武専コースに単位制導入、また時間割制も施行される。
研究科修了者のさらなる研究の場として、武専研究院新設。
2013年(H25)   学校法人禅林学園設立認可。
(専門学校禅林学園の経営母体として、香川県知事の認可を得る。)
8月11日 広島地区にて、山口・山陰地区との第1回合同武専開催。
   
2014年(H26) 11月16日 山口地区にて、山口・山陰地区との第2回合同武専開催。
   
2015年(H27)  4月 伊勢崎一郎が二代目代表教務に就任。
11月22日 山陰地区(鳥取県米子市)にて、山口・山陰地区との第3回合同武専開催。
   
 2016年(H28) 11月10日 広島武専、2016年禅林学園表彰を授与される。
  
2017年(H29) 4月 中森清徳が三代目代表教務に就任。
 


ページトップへ>>


Copyright© 2011 ZENRIN GAKUEN HIROSHIMA BUSEN All rights reserved.