子供たちに贈る少林寺拳法


共に育てる

少林寺拳法の修行は道場に入る前から始まっています。

道場での心得は 「脚下照顧(きゃっかしょうこ)」、
「合掌礼(がっしょうれい)」、「作務(さむ)」、
「服装」「態度」、「言葉」の六つをきちんと行うことです。

道場だけではなく、職場や学校、毎日の生活の中で
自然にできるように何度も繰り返して身につけることが大切です。

子供を育む環境は、『家庭』『学校』『地域』の3つに分類されます。
この三つのバランスが取れてこそ身心共に健全な子供の教育ができます。
我々少林寺拳法は、この『地域』の分野を担います。

少林寺拳法の修練を通じ、強くたくましい体と心、
そして他人への思いやりを育みます。

また、あいさつが出来ることや、 時聞を守ることなど
日常生活ではごくあたりまえのことが、あたりまえにできる子供に育てます。







        


  








 



成長ポートレート

小学一年生の元気いっぱいの拳士たちです。少し照れながら写真に写ってくれました。
兄弟で写ってくれた拳士は、やっぱり目標はお兄ちゃん、お姉ちゃんのようです。
保護者からも多くの「共育」の声が届いています。




少林寺拳法って何?

どこでやってるの?

少林寺拳法オフィシャルサイト「道場検索」へ


少林寺拳法広島県総合サイトトップへ


「少林寺拳法」は固有の名称です。

Copyright© 2012 HIROSHIMA PREFECTURE SHORINJI KEMPO GROUP All rights reserved.